web制作の基本的な考え方として認識するべき点

メモリの負担について

web制作というのは、基本的にどうしても相手のことを考える必要があります。つまりは、どのように見られるのか、どんなスペックのパソコンで見られるのかを把握するのです。そうすることによって、かなり安定して軽いサイトを作れるようになります。メモリの負担を少しでも軽くできるようにするのが今でも重要な要素の一つになっているということは確かでしょう。そこまでしないと駄目なのか、と考えるかもしれませんが大事な点です。

画像や映像をあまり使わない

画像はまだ軽くできるのでよいのですが映像を使ったり、音楽を流したりすることには基本的には良いことはないです。どうしても重くなってしまうからです。それでもよい、というのであればやってみる価値はありますが見る人にとってはかなり重くなります。或いは映像を流す必要があるのであれば相手側で切り替えができるようにしておくとよいでしょう。見たい人は見ればよいですし、そうでないのであれば動かさないようにできるのが最高です。

サイトの目的をはっきりとすること

サイトを作るときには目的をはっきりとさせるとよいでしよう。サイトというのは何がしたいのか、ということを具体的にしますと非常にわかりやすくなります。くる人にとっても作る人にとってもこれが途轍もなく大事なことになりますから、よくよく考えてみるとよいでしょう。場合によっては、方向性を変えないといけない、と言う状況になる時もあります。後から作り直すこともできるのですから、出来るだけじっくりと構築しておくことです。

web制作を成功させるには、デザイン性の優れているサイト運営を心がけることはもちろん、様々な立場の閲覧者に訴えかけることが大切です。