ウェブ制作で知っておきたい3つのポイントとは

なにが重要かを簡潔に伝えよう!

ウェブ制作では、色々なことを一気に伝えようとしてなにをメインに伝えたいのかがわからなくなることがあります。ウェブの管理人がそのように混乱気味だと、当然読んでいる人にも大事なことがなにも伝わらないでしょう。そこで、ウェブを作る前にそのウェブで一番伝えたいことを明確にすることが大事になるわけですね。伝えたい内容は大きな文字を使うべきですが、すべての文字が大きいと読みにくいので、本当に重要な部分だけは太字にしたり大きなフォントにすると良いでしょう。

自己紹介はびっちりと書く

ウェブ制作の中で自己紹介をするページを設けることが多くなっています。この自己紹介のページは濃い内容を書くべきです。日本人は遠慮しがちなところがあり、自分の紹介はそれほどしない人が多いです。顔写真も無く、5行ぐらいさらっと自己紹介を書いておしまいの人も多いですが、それでは読む人はどこか物足りなさを感じるでしょうね。そこで、自己紹介は顔写真を入れつつ1000文字ぐらいで書いた方がいいでしょう。そのページの作成者の人となりが分かると、興味を持ってくれる人も多くなるでしょう。

画像にもこだわろう!

ウェブサイトを制作するときには、画像を入れるのがポイントになります。ウェブがそれほど流行っていなかった頃のホームページは文字ばかりで画像が全く無いサイトも多くありました。ですが、文字だけがびっちりと書かれているサイトは威圧感が強く息苦しさがあります。よほど興味のある内容でない限り、読むが嫌になるでしょう。そこで、出来るだけ画像を多用するべきです。また、画像の中身も重要です。そのページと関連性のある画像を使うべきですね。

コーディングとは、コンピュータに処理を指示するためのソースコードを書くことです。プログラミング言語を使って記述されます。